笠原将弘

1972年東京生まれ
「正月屋吉兆」で9年間修業後、武蔵小山にある実家の焼鳥店
「とり将」を継ぐ。
店の30周年を機にいったん店を閉め、2004年、恵比寿に自身の店
「賛否両論」を開店。
独創的な感性で作り上げる料理が評判を呼び、
たちまち予約の取れない人気店となる。
2013年、名古屋に「賛否両論名古屋」、
2014年、広尾に「賛否両論メンズ館」を開店。
和食給食応援団東日本代表を務めるなど、食育、和食推進活動にも力を注いでいる。
基本的な家庭料理から専門料理まで、和食の魅力を伝える著書も多数。
私生活では、ビールをこよなく愛する三児の父。

笠原将弘

1972年東京生まれ
「正月屋吉兆」で9年間修業後、武蔵小山にある実家の焼鳥店
「とり将」を継ぐ。
店の30周年を機にいったん店を閉め、2004年、恵比寿に自身の店
「賛否両論」を開店。
独創的な感性で作り上げる料理が評判を呼び、
たちまち予約の取れない人気店となる。
2013年、名古屋に「賛否両論名古屋」、
2014年、広尾に「賛否両論メンズ館」を開店。
和食給食応援団東日本代表を務めるなど、食育、和食推進活動にも力を注いでいる。
基本的な家庭料理から専門料理まで、和食の魅力を伝える著書も多数。
私生活では、ビールをこよなく愛する三児の父。